2019年の山行報告

2019年1月19日 沼津アルプス 志下山211m~徳倉山256m 1名

 

 前日宿泊した熱海から近くの沼津アルプスに向かう。昨年鷲頭山に登ったので続きの山を縦走することにする。沼津市役所の駐車場前からバスに乗って志下で降りる。そこから登山開始。見覚えのある街並みから昨年下山した登山道に入る。峠からは稜線をアップダウンしながら歩く。樹間から時々真っ青な駿河湾が見え、何ヶ所か展望地に出る。背後には昨年登った鷲頭山の雄姿が見える。今日は土曜日、多くの登山者が行き交う人気のコースだ。志下山を下り始めると正面に大きな富士山が見えて感動する。徳倉山からは鎖が張られた激下り。一気に下山し自動車道に出た。幸いあまり待つことなくバスに乗車できた。

 

■2019年1月18日 城山(342m) 1名

 

新卒後、3年間在籍した会社の同期入社の会が昨年に続いて熱海で開催されるので、ついでに近くの山に登ることにした。長嶋茂雄さんが現役時代トレーニングした場所として、あるいはロッククライミングの山として知られている城山。昨年、近くの葛城山~発端丈山縦走の際、すれ違った登山者から城山の存在を知った。すごい岩峰で、とても登れそうにもない。しかし、ハイキングコースがあることを知り登ることにした。登山口からすぐに高さ280mにも及ぶ一枚岩の岩壁が見えた。3人ほど岩壁に取り付いていた。やや急ではあるが、普通の登山道を30分ほど登ると城山頂上への分岐点に出た。右に曲がり、やせ尾根を登るとわずか1時間ほどで頂上に出た。眺望が良く富士山も見える絶景に大満足して下山した。

 

■2019年1月14日 藤原岳(天狗岩) 5名+2名

 7人の平均年齢70歳の藤原岳登山。快晴で風もほとんどない暖かい山行日和だ。ほとんど同時にスタートしたが、ゆっくり登る2人は避難小屋までで早々に下山。5人は雪が出てきた八合目でアイゼンを付け、冬道を快調に登り避難小屋に。予定より早く着いたため昼食は後回しにして、天狗岩に向かう。三連休の最終日のためかトレースがしっかりついていて歩きやすい。稜線からは雪をかぶった御嶽、乗鞍、能郷白山が遠望できた。伊吹山は雲に隠れて、よく見えない。目の前の竜ヶ岳は真っ白できれい。1時間ほどで小屋に戻り昼食。食後は先に下山した2人を追いかけたが、追いつくことは出来なかった。2人とは登山口の駐車場で合流。一緒の電車に乗って帰名。久しぶりに雪の藤原岳を満喫した一日だった。

■2019年1月7日 六甲全山縦走(西コース) 4名

 

 先月東コースにつづき、六甲全縦走の残り半分、西コースの下見を今回は4人で。9:45須磨浦公園~17:30市ノ原を休憩も入れて7時間45分、道間違いもなく順調に歩けたが、これで半分のコースなら、全縦走本番での厳しさを4人それぞれが痛感する。

 

■2019年1月6日 浜石岳 16名

 

富士山を見ることを目的に新年早々は浜石岳へ。油井駅からタクシーで登山口に向かいました。朝から雲が多く、浜石岳山頂に着いて富士山はどこに?見えればあの辺り、と場所の確認をしてから昼食に。さらに雲が多くなり少し早めに下山すると、途中であられが降ってきました。薩埵峠に向かう林道にはみかん畑が広がり、みかんがたくさん落ちていました。薩埵峠からは、晴れていれば、伊豆半島の後ろに雪をかぶった富士山があって、広重の浮世絵の現代版のような景色が眺められるはず。この日は富士山は見えなかったですが、伊豆半島はしっかり見えました。帰りは興津駅から電車に乗りました。帰りの電車は空いていました。楽しい一日を過ごしました。

 

■2019年1月3・4日 西穂丸山 3名

 

謹賀新年

 

 正月気分をふり払いたくて雪の西穂山荘へ出かけた。

 

登り1時間半下り1時間。鈴鹿の雪山へ行けなくてもここなら行ける。サラサラ雪で固められた登山道は夏より歩きやすい。

 

 圧巻は日の出前の夜空。真っ暗な空間では テント内部からの色とりどりの明かりに星々や二日月が呼応し言葉を失う。次第に陽が昇り始め空は赤や紫色に染まり始める。その上に浮かんでいるのは白山。頂上だけ照らされているのは笠ヶ岳。槍も富士も姿を見せた。前日は強風と雲のために何も見えなかったらしい。

 

こいつあ~春から縁起がいいやあ~

 

■2019年1月1日 弥勒山

 

明けましておめでとうございます。今年も沢山、山に登りたいと思います。

 

12313時頃の御嶽山と11日午前75分のご来光を弥勒山から撮ったものです。