■2018年11月12日 坊主岳 5名 

 

 奈良井ダム登山口8:40~9:40等三角点~11:30坊主岳11:50~13:07等三角点~13:50登山口

 

 最初から急登が続き息が上がる。山道は枯葉が溜まり根っこなど気を付けて登った。暫くは平たんになるが再び急登、心地よい風急登の先に青空が見えた。頂上に着いたフウ~そこは360度のパノラマが待っていた。

 祠が御嶽山の方を向き祀られている。風があり少し寒い、御嶽山をバックに記念撮影、好天に恵まれ展望を楽しみ、アルプスの山々を確認して下山。滑らない様に慎重に歩いた。

■2018年11月11日 赤目四十八滝~長坂山 3名 

 立冬を過ぎましたが比較的温かな日々が続き木々の紅葉はまだ深まっていませんでしたが、赤目四十八滝には大勢の観光客が訪れていました。「四十八滝」の名の通り大小さまざまな滝があり、カエデやケヤキの枝葉からこぼれる光は幻想的でした。滝巡りの帰路の途中で長坂山への登山ルートへ入りました。残念ながら眺望はありませんが、よく手入れされた杉の人工林は歩きやすく、マイナスイオンに包まれ気持ちよく汗をかきました。

■2018年11月10日 金勝こんぜアルプス 6名 

 様々な形の岩が、天狗岩、耳岩、重ね岩、それぞれに名前がついていて楽しかった。曇りから晴れになり、大津や草津の街並み、琵琶湖、琵琶湖の西岸の山の展望も楽しむことができた。都に近いので、茶沸観音、狛坂磨崖仏等の史跡も多くある。関西の人たちのハイキングコースとしてにぎわっていた。